シーレイ245ちゃんの大規模メンテナンス [第1話] 再記

先日、静岡県から移動させてきたシーレイ245ウィークエンダーちゃん。

現在、問題なく動いているシーレイちゃんですが、エンジンルーム内を見るとあちこちキテル感じがします

シーレイ245ちゃんは、クルーザーとしての雰囲気やサイズ感がとても良く、ファーストクルーザーとしてたいへん人気があります。

このシーレイ245ちゃん、全体的なコンディションが良く、シートや船内がとてもキレイで、エンジンアワーもわりと少な目なので、良い中古艇になるな~

 

ってことで、船内からエンジンを取り外して、ガッツリお金をかけて、安心できる中古艇に仕上げる目標をかかげました☆

今回、作業をお願いするは、20年以上のお付き合いになる先輩業者さん、ブレイクアウトの大野さん。

ワタシがマリンのお仕事を始めるきっかけになった人でもあります(`・∀・´)

まずはドライブを取り外していただき~

ユニバーサル部分のコンディション。

とてもキレイな状態でサビや塩害などはゼロ☆

プロペラが取り付けられている部分、スプラインの状態もイイ感じ♪

ジンバル側のゴム製ベローズの状態も悪くないようです◎

が、今回エンジン降ろしますので、今が交換できるチャンス♪

ってことで、モチロン新品交換する予定デス。

ドライブ系統がスッキリ取り外せましたので

いよいよエンジンルームに着手☆

シート兼エンジンハッチをゴッソリ取り外すと

ご覧のようにエンジンが丸見えに

作業性が格段にアップします☆

なれた手つきで、ドンドン取り外していかれます

マリン業界に30年の大野さん。

飛ぶように船が売れたバブル期に京都のマリーナ、福井のマリーナと2つのマリーナで多くの整備経験を積まれてますので、船外機だけじゃなくマークルーザーもお手のモノ♪

作業の手順で手にする工具にムダがなく、的確に取り外すのを見てると、さすが経験値が違うな~ってアタマが下がります。

エキゾースト系統が取り外せたトコロで・・・

オッ?

エンジン冷却水が通る部分ですが・・・

これではちゃんと冷やされてる。とは言い難い状態デスネΣ(゚ロ゚;)

そんなこんなをしっかりしたいから、今回エンジンを降ろすわけで

ある意味ヤリガイがありますネ(`・∀・´)

作業着手からおよそ3時間、いよいよエンジンを吊り上げます

ユニックをご用意くださったのは、地元の大先輩M社長

いつもこころよく、重機や作業スペースをお貸しくださり、ホント感謝しております( ´∀`)

みなさんのおかげで、大きなトラブルもなく、無事にエンジンを降ろすことができました☆

地に降りたエンジンを大野さんとサラッと点検しましたが、交換すべき部品だけで50万円以上かかると予想( `_ゝ´)

屋内のピットに移動しまして、アレコレ考察したいと思います☆

続きはまた今度~